欢迎光临本站!祝福你我,分享快乐!

amazarashi アマザラシ-《さよならごっこ》

amazarashi アマザラシ
歌名:さよならごっこ 歌手:amazarashi アマザラシ

当前播放:amazarashi アマザラシ-さよならごっこ

歌词详情

  作曲 : 秋田ひろむ

  作词 : 秋田ひろむ

  憂鬱が風に散らばり 吹き溜まって影になる

  在阴郁的风中零乱 无处可去徘徊游荡的影子

  僕らの足音は 無用を饒舌に諭す

  我们的脚步声 就像无用的絮絮叨叨

  君の瞳の深さを覗き見て狼狽える

  窥探你瞳中的深邃 惊慌失措

  望みなどあったでしょうか この行き先には

  在道路的前方 希望又是否真的存在

  戯けて笑うのは この道が暗いから

  胡闹着蠢笑着 是因为前路昏暗

  灯りを灯すのに 僕がいるでしょう

  即便点亮了灯火 但你还有我在啊

  さよならごっこは慣れたもんさ

  纵然已经习惯了告别游戏

  でも手を振ったら泣いちゃった

  但还是会在挥手时泣不成声

  僕らの真っ赤な悲しみが

  我们在鲜红色的悲伤中

  暮れる 暮れる そして夜が来る

  沉浸着 沉浸着 然后黑夜开始降临

  当たり前にやってくる明日なら

  如果只是理所应当地等待到来的明天

  生きたいなんて言わなかった

  这又怎能说是想要存活

  よせばいいのに夢見てしまう

  本来只是靠近就满足了却做了美梦

  未来 未来 君のせいなんだ

  未来 未来 是你的错啊

  成し遂げねばならないこと三日月にぶら下げて

  不得不去完成的事情 被悬挂在新月之下

  さまよう夜道にすら安堵は君の背に明るい

  彷徨在告别的夜路 安心的是你熟悉的背影

  信じるには時間がいる ましてや他人だから

  信任需要时间 更不用说是陌生人

  それでも道が同じなら 離れる理由もない

  尽管如此若我们道路相同 便没有了分别的理由

  全てが終わったら 分かち合うために

  如果全都结束了 为了共同分享承担

  誰かがいるでしょう 僕がいるでしょう

  又希望谁能在身边 我就在这里啊

  さよならごっこは慣れたもんさ

  纵然已经习惯了告别游戏

  でも手を振ったら泣いちゃった

  但还是会在挥手告别时泣不成声

  僕らの真っ赤な悲しみが

  我们在鲜红色的悲伤中

  暮れる 暮れる そして夜が来る

  沉浸着 沉浸着 然后黑夜开始降临

  初めからそこにある愛情なら

  如果从一开始就存在的爱情

  確かめ合うことはなかった

  未曾与对方互相确认过

  急にもつれ合う縁だから

  突然互相纠缠的缘分

  触れる 触れる 心の襟元

  触碰 触碰 内心深处

  辛さなら背負えるから

  因为能背负辛酸

  痛みなら分け合えるから

  因为能共同分担痛苦

  でも君の宿命までは

  但是却没有办法

  肩代わりできなかった

  替你肩负起宿命

  別れは何度目でも

  因为无论分别多少次

  相変わらず悲しいから

  这悲伤从未曾改变

  別れるふりをするんだよ

  所以才一直假装分别

  さよならの遊びだよ

  这是告别的游戏呀

  いつか必ず会えるって

  总有一天还能再见

  自分をだます遊びだよ

  欺骗着自己继续这游戏

  (いつか必ず会えるって)

  (我们总有一天会再相见)

  さよならごっこは慣れたもんさ

  即便已经习惯了告别游戏

  でも手を振ったら泣いちゃった

  但还是会在挥手告别时泣不成声

  僕らの真っ赤な嘘だけが

  我们在这鲜红的谎言中

  濡れる 濡れる そして朝が来る

  湿透着 哭泣着 然后黎明开始来临

  離れ離れになるってことは

  最终成为分别分离的

  一度は一つになれたかな

  也曾经合为一体过吧

  諦めと呼べば後ろめたい

  放弃了最后只剩内疚

  宿命 宿命 そう君はよんだ

  宿命 命运 你就这样念着